寝起きから口臭!爽やかな朝を迎えるための9つの方法

FavoriteLoadingお気に入りに追加

朝というのは、やっぱり爽やかに迎えたいところですよね。
しかし目覚めた時、口の中に不快感を覚えることはありませんか?

何だか乾いた感じというか、息もちょっと臭いですよね。
寝起きから口臭がするなんて、最悪な目覚めと言っても過言ではありません。

なぜ朝起きた時に口臭がするのかご存知ですか?

寝起きに口臭がする理由

寝起きの外国人男性
実際に朝起きた時に、口臭がするという経験をした人は多いのではないでしょうか。
寝起きに口臭がする理由としては、口の中に雑菌が増えているからです。

普段は、唾液の分泌によって口臭の原因である雑菌を洗い流すことができます。
しかし寝ている間は、その唾液の分泌が減ってしまうのです。
その結果、雑菌が増えて口臭になってしまうというわけですね。

ただこれは、誰にでも起こり得る現象です。
特に寝起きの口臭がきつい人には、いくつか共通するポイントがあるみたいですよ。
今回は、その9つのポイントについてご紹介していきます。

①寝る前に歯磨きをしない、または短い

寝る前に歯磨きをしないという人は、少なからずいるようです。
当然歯磨きをせずに寝てしまうと、歯に食べカスなどが残ったまま。

上にも書きましたが、睡眠中は雑菌が増えやすい環境になります。
それに加えて食べカスが残っていると、菌にエサを与えることになってしまいます。

また歯磨きをしても、5分以下で短い場合は同じこと。
しっかりと就寝前に5分以上かけて歯磨きしましょう。

②糸ようじ・歯間ブラシを使用しない

歯磨きをする際、歯ブラシだけでなく糸ようじや歯間ブラシも使うようにしましょう。
ただ歯ブラシで磨くだけでは、きちんとした口臭対策にはなりません。
なぜなら、食べカスは歯間に溜まることが多いからです。

歯の表面だけでなく、歯と歯の間も意識的に掃除しましょう。

③舌が白い(舌苔がある)

寝起きに口臭がする人は、舌が白い場合が多いようです。
これは、舌苔と呼ばれるもので古い粘膜や雑菌、食べカスが含まれています。
当然、口臭の大きな原因と言えるでしょう。

就寝前の歯磨きと合わせて、舌磨きも行うと口臭予防に繋がりますよ。

④虫歯治療をしていない

虫歯治療をしていない、もしくは治療途中のまま放置している。
それは、言い換えれば細菌の温床を放置しているということです。

睡眠中には、特に細菌が増殖し寝起きの口臭はよりきつくなります。
虫歯は、早めに治療するようにしましょう。

⑤歯周病(予備軍)である

口臭の原因には、さまざまなことが挙げられます。
しかし、その中の80%は歯周病が原因と言われています。
唾液の分泌が減る就寝中は、歯周病が進行しやすいです。

就寝前の歯磨きをしたあとは、薬用マウスウォッシュでしっかりうがいをしましょう。
そうすることで、寝起きの口臭予防だけではなく歯周病の抑制にも繋がります。

⑥睡眠中に口呼吸をしている

自分では気づきにくいかもしれませんが、睡眠中に口呼吸をしていませんか?
口呼吸で寝てしまうと口の中が乾いてしまいます。
睡眠時は、唾液の分泌が減る上、口呼吸によって口腔内が乾燥するとより雑菌の増殖を促してしまいます。

鼻炎などの病気が原因の場合は、まずその治療を進める必要があります。
ちなみに鼻の病気そのものも口臭の原因になることがあるので覚えておきましょう。

⑦喫煙している

タバコに含まれるニコチンは、歯周病を悪化させます。
さらにタバコのヤニは、歯にこびりつきます。
就寝前に吸わないとしても、日頃から吸っている場合は、寝起きの口が臭くなりがちです。

吸わない、に越したことはありません。
しかし我慢してストレスになるのも良いとはいえないので、徐々に減らしていくと良いでしょう。

⑧アルコールをよく摂取する

みなさんの中には、アルコールが大好きという人もいることでしょう。
体内でアルコールを分解する時、たくさんの水分を使用します。
飲酒したあとは、よく喉の乾きを感じますよね。
就寝前の深酒や寝酒というのは、口を乾きやすくします。
さらに就寝中の唾液の分泌をさらに減らしてしまい、口臭がきつくなります。

お酒をたくさん飲むという人は、少し控えめにすることから始めましょう。

⑨ストレス過多の生活

ストレス過多だと、口の中が乾きやすくなると言われています。
いわゆるドライマウスと呼ばれるものです。
この状態が続いていると、就寝時の唾液の分泌がかなり減ってしまいます。

ストレスを発散するに越したことはありませんが、人によっては難しい場合も。
そういう時は、寝る前にコップ1杯の水やお茶を飲むと良いです。

ちなみに緑茶には、フラボノイドという消臭効果のある成分が多く含まれています。

寝起きに口臭を対策しよう

コップに入った水
さて、寝起きに口臭がするという人には、上記のようなポイントがあることがわかりました。
それぞれのポイントに合わせて対策方法も紹介してきました。
しかし寝起きの口臭を抑えるための対策方法は、ほかにもさまざまなものがあります。

簡単に誰でもできるような改善方法をいくつか紹介していきたいと思います。

おすすめ対策方法①:マスクをして寝る

非常に簡単な方法で、誰にでも実践しやすいのがこの方法です。
ただ寝る時にマスクをしながら寝るというだけ。

マスクをして寝ることで、どういった対策に繋がるのでしょうか?
マスクをして眠ると、口内が乾燥状態になりにくいのです。
そのため、雑菌の繁殖を防止することが可能になります。

雑菌は、乾燥をしていると繁殖しやすいです。
風邪の菌も同じで、乾燥した環境だととても活発に動き出します。
だから冬場など乾燥しやすい時期には、常に湿度を気遣って生活している人も多いですね。

風邪の菌だけでなく「ばい菌」というのは、乾燥状況でこそ活発になります。
つまり口臭の原因になる菌も同じことが言えるのです。

そして寝起きというのは、口内が乾燥してしまうので口臭がきつくなってしまうというわけです。

そこでマスクをして寝ると、口内の乾燥防止に繋がるので雑菌の繁殖も防ぐことができるのです。

唾液には殺菌作用があり、唾液によって口内が潤うことで雑菌の繁殖を防ぐことができます。

おすすめ対策方法②:寝る前に水分を摂る

寝起きの口臭対策ドライマウス対策には、寝る前に水分を摂るのが良いです。
それだけでも、口内の乾燥を防止することができますよ。

寝る前に水分を摂ることで、口内が潤うだけではなく体内の水分量もキープすることができます。
体内にしっかりと水分が補充されていることで、唾液が分泌されやすくなります。

ただみなさんの中には、唾液が臭っているのでは?と思う人もいることでしょう。
厳密に言えば唾液が口臭原因なのではなく、唾液が乾燥することによって臭くなるのです。
しっかりと唾液が出て口内が潤っている状態では、口臭がすることは少ないです。

寝る前に水分を摂ることで寝起きの口内の乾燥を防ぎ、それが寝起きの口臭予防にも繋がるというわけです。

寝起き口臭予防の対策方法を紹介している動画がありましたので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

①寝る前に歯磨きをしない、または短い
②糸ようじ・歯間ブラシを使用しない
③舌が白い(舌苔がある)
④虫歯治療をしていない
⑤歯周病(予備軍)である
⑥睡眠中に口呼吸をしている
⑦喫煙している
⑧アルコールをよく摂取する
⑨ストレス過多の生活

もし当てはまることがあるという場合は、1つでも多く改善していくことをおすすめします。
そうすることで、朝の目覚めをより爽やかに迎えることができるはずです。

消臭サプリ総合ランキング

最新の新着記事

TOP