子供の口臭が気になる!そんな時は?

FavoriteLoadingお気に入りに追加

みなさんの中には、お子さんがいる人もいると思います。
自分の子供というのは、本当に可愛く感じるものですよね。
愛しさのあまり、頬ずりしてしまいたくなる時もあるのではないでしょうか。

そんな感じで、自分の子供と顔を近づけた時、何だか口が臭いと感じたことはないでしょうか。
結構、子供を持つ親の中には、「子供の口臭」に悩んでいる人が多いみたいです。

では、子供の口が臭いと感じる原因には、どういったものがあるのでしょうか。

子供の口臭が何だか臭い

口臭などのニオイというのは、必ずしも大人だけに現れるものではないようです。
子供の口臭がきついというケースも、決して珍しいものではありません。

大人であれば、たとえ相手の口臭がきついと感じても「大人の対応」で乗り越えることができますよね。
しかし子供の場合は、とても正直です。
「お前の口臭いな!」なんて平気で言う子もいるのです。

そして子供は正直であり、とても繊細な心を持っています。
言われた側は、ひどく傷ついてしまいますし、今後ずっと気にしてしまうことにもなるでしょう。

では、子供の口が臭い原因ってどういったことが挙げられると思いますか?

子供の口が臭う原因

まず、虫歯があることが考えられます。
虫歯も口臭の原因になるので、小さいうちはしっかりと歯磨きチェックしてあげましょう。

虫歯は、みなさんの知るように「菌」ですから、独特のニオイがあります。
また歯垢や歯石なども汚れですから、口臭としてニオイが発生してしまいます。

こういった時は、やはり歯医者さんなどに連れていって虫歯治療などを受けましょう。
歯垢や歯石なども取り除いてくれます。

しかし学校の歯科検診などでも虫歯は一切ないのに、口が臭いというケースがあります。

こういった場合は、口呼吸をしていることが原因として挙げられます。

口呼吸による口内乾燥

子供の中には、口呼吸が癖になってしまっている子が結構多いです。
口呼吸を続けていると当然、口の中は乾燥気味になってしまいます。
乾燥してしまうと口内の雑菌が繁殖し、それが口臭の原因に繋がってしまうのです。

対策としては、水分を摂らせるということが一番手っ取り早いでしょう。
口の中を潤わせるだけでも、口臭はマシになります。

ほかにも、口を閉じてガムを噛ませるというのも1つの対策方法です。
1日3回、1回20分ほど口を閉じたままガムを噛ませるようにしてみてください。
この場合は、虫歯などのリスクも考えてキシリトールガムなどを選ぶと良いですよ。

あとは、おしゃぶりを咥えさせるという方法もあります。
ある程度、成長した子には恥ずかしくて抵抗があるかもしれません。
でも口を閉じて鼻呼吸をするクセを付けることも大切です。

鼻炎やアレルギーが原因の可能性も?

口呼吸のほかには、鼻炎やアレルギーが原因となっている可能性もあります。
鼻炎などによって鼻づまりを起こし、口呼吸になってしまうことも1つとしてあります。

しかしそれだけではなく鼻炎・アレルギーによる鼻や喉の炎症が化膿を引き起こすのです。
その膿が悪臭となって発生してしまいます。

対処法としては、鼻炎・アレルギーの症状があるなら病院で診察を受けて治療を受けましょう。
また夜更かしをしがちなお子さんであれば、しっかりと睡眠が摂れる環境を整えてください。
睡眠不足は、体の抵抗力を弱めてしまいます。
もちろん栄養バランスのとれたご飯を食べさせてあげてください。

あとは、適度な運動も対策になります。
ストレスを解消するだけでなく、自律神経の働きを向上してくれます。

消臭サプリ総合ランキング

最新の新着記事

TOP