舌が白いと危険!?舌苔という口臭の原因とは?

FavoriteLoadingお気に入りに追加

みなさんは、普段から自分の舌をチェックする習慣はありますか?
おそらく多くの人は、歯のチェックはしても舌のチェックはそれほどしないのではないでしょうか。

この記事に目を通していただいているのであれば、一度スマートフォンのインカメラ機能や鏡を使って舌の色を確認してみてください。

何色をしていますか?
ピンク色をしていますか?
それとも白色をしていますか?

白色をしていたという人。
それは、舌苔(ぜったい)という口臭の原因ですよ。

舌苔って何?

舌を出す外国人女性
舌苔は、わかりやすくいうと舌の表面に付いている白い苔のようなものです。
じゃあこの白い苔って何なの?という疑問が生まれますよね。

舌の表面にある角質が、何らかの原因によって伸び硬くなります。
そしてその隙間に汚れや細菌などが溜まっていきます。
そうすると舌の上に白い苔が生えたように見えるというわけです。

言い換えれば、舌苔=汚れ・細菌=口臭の元とも言えるでしょう。

この舌苔が発生する原因としては、さまざまなものが挙げられます。
例えば口呼吸をよくしている人、消化器系の疾患を持っているという人など。
ただ原因不明のことも多々あるため、原因を見つけるのは難しいところです。

この舌苔自体に関しては、治療する必要性はありません。
ただ口臭の原因として舌苔が挙げられることはよくあるので、しっかりと舌を磨いてあげましょう。

舌苔と硫化水素の関連性

口臭の原因になる成分としてよく言われているのが、「硫化水素」と呼ばれる成分です。
またメチルメルカプタンという口臭成分もありますが、これは歯周病と関連性があります。

話を戻して、舌苔と硫化水素の話をしていきましょう。
硫化水素は、どのようにして発生するかご存知でしょうか?
これは、食べかすや上皮かすなどが細菌によって腐敗することで発生します。
舌苔には、そういった環境があるので口臭の原因としてよく挙げられるのです。

上記でも記載していますが、舌苔自体は治療する必要はありません。
それは、必ずしも病的なものではないからです。
口臭においても、生理的な範囲である場合はほとんどです。

そうは言っても、自分自身口の中が気持ち悪く感じたり、口臭が気になったりする場合は、まず舌苔があるかをチェックすると良いでしょう。

舌苔を取り除く方法

舌苔を取り除く方法としては、どういったものがあるのでしょうか。
歯磨きをする際に、ついでに歯ブラシで舌も磨く人もいます。
しかし歯ブラシで舌を磨いてしまうと傷つけてしまうことがあるので気をつけましょう。

では、何で磨けばいいのかというと「舌磨き」専用の道具があります。
これであれば、舌を傷つけることなく舌苔を取り除くことができます。
しかし舌磨きを使っても、1日に何度も行なうとそれもまた舌を傷つけてしまうことがあります。

ですから基本的に舌磨きは起床時の1回で大丈夫です。
起床時に歯磨きをした流れで習慣づけると良いでしょう。

舌磨きは、歯医者さんや薬局、細菌では100円ショップでも売られている場合があります。

舌苔は清潔感も損なう

舌苔がある舌とない舌とでは、見た目の清潔感がまったく異なります。
舌苔は、白い苔のようなものですが少し黄ばんで見えることもあります。
舌と言っても、人と対面して話していればふいに見られることもあるでしょう。

特に恋人同士や夫婦同士であれば、一緒に過ごす中でキスをすることもありますよね。
そこで舌苔が付いていたら、普通のキスはまだしも舌を絡めるようなキスは絶対にしたくありません。

もちろん口臭も出てきますので、舌磨きは習慣づけたほうが良いです。

消臭サプリ総合ランキング

最新の新着記事

TOP