明日デート!気になるデリケートゾーンのにおい防止方法とは?

FavoriteLoadingお気に入りに追加

女性には、いろんな悩みがあるものですよね。美容や恋愛、仕事などなど……。あまり悩まない方が肌に良いかもしれませんが、誰にだって悩みの1つや2つは付き物です。さて、そんな女性が抱える悩みの中には、『デリケートゾーン』の悩みに関する問題もあるのではないでしょうか。明日は、想いを寄せている人とのデート……。もしかしたら勝負の日になるなんてこともあるかもしれません。そんな時にデリケートゾーンに気を取られていては、楽しい時間・素敵な時間を送ることができませんよ!デリケートゾーンのにおいに悩んでいる人は、原因を知り改善方法を見つけていきましょう!

デリケートゾーンのにおいの原因って何?

みなさんの中には、自分のデリケートゾーンのにおいが気になるという人もいるのではないでしょうか。特に生理時の経血には、生臭い感じの独特なにおいがありますよね。それにおりものの量が増えれば、より強いにおいが出てしまいます。

とはいえ、生理は言ってしまえば生理現象ですから誰にでも起こり得ること。それでも他人に臭いと思われていないか、他人よりも臭いが強いのではないかと悩みに発展してしまうこともあります。そもそもデリケートゾーンのにおいの原因には、どういったことがあるのでしょうか?

よく言われているのは、『雑菌』です。詳しく言うと雑菌が栄養を摂取し繁殖することで排出された老廃物が原因と言われています。雑菌の種類はもちろん、雑菌がどんな物質を栄養とするのかなどによって、さまざまなにおいを放つようになります。では、雑菌は何を栄養にすると思いますか?

雑菌が栄養とする物質について

例えば、ショーツについたおりものはもちろん、汗や垢、尿、経血などが挙げられます。尿・垢は意識することで何とかできそうですが、おりもの、汗、経血などは、そうどうにかなるものではありませんよね。

中でもおりものは、たんぱく質が豊富に含まれているため、雑菌にとっては良いエサとなってしまいます。他にもデリケートゾーンには、アポクリン腺という汗腺が多く存在します。この汗腺からは、脂肪やアンモニアなどを含む汗が分泌されます。こういった汗は、雑菌にとっては栄養豊富な汗となります。

またデリケートゾーンは、高温多湿という環境であることがほとんどです。この高温多湿という環境は、雑菌が繁殖しやすい環境です。しかしこの高温多湿という環境を変えることは難しいですよね。つまりいかにして雑菌に栄養を与えないようにするかというところが重要になってくるのです。

においは病気のサイン!?

デリケートゾーンのにおいが気になる場合、人によっては「病気なのかな」と不安に思う人もいるかもしれませんね。基本的には、先ほどお話したように雑菌が原因でにおいを放っていることが考えられます。ですから臭いがきついからと言って、すぐに病気を疑うことはしなくても大丈夫です。しかし、においが産婦人科の病気のサインになるケースもありますので、覚えておくと良いでしょう。

例えば、おりものの量が急に多くなったとか色が変わった、もしくはにおいがきつくなったと感じた場合は、注意が必要です。こういった症状が見られた場合、『子宮頸がん』や『子宮内膜炎』、『淋病』、『細菌性膣炎』、『トリコモナス膣炎』などの可能性が出てきます。おりものの色が、黄色っぽかったり緑色っぽかったりする場合は要注意です。

他にもおりものが、カッテージチーズのような性状になっている場合は、『カンジダ膣炎』の可能性も出てきます。カンジダ膣炎とは、かゆみを伴うことの多い感染症の一種です。婦人科領域では、比較的ポピュラーな疾患とされています。カンジダ膣炎が起こるケースとしては、膣を洗ったり抗生物質を服用したりといったことが挙げられます。これにより、膣内の善玉菌が除菌されてしまうのです。カンジダ菌自体は、膣内に常在している菌ですが、膣内の善玉菌が除去されることでカンジダ菌が異常増殖してしまうというわけです。

膣内には、自浄作用があります。常に弱酸性状態でいろんな菌を一定バランスに保っているのです。そこに石鹸などを使って膣内を洗ってしまうと、そのバランスが崩れカンジダ膣炎などのトラブルを招いてしまうというわけです。

においを対策するためには

におい対策として大切なのは、何と言ってもデリケートゾーンを清潔に保つということです。入浴時などには、しっかりとデリケートゾーンを洗ってあげるようにしましょう。ただデリケートゾーンの皮膚は薄く、文字通りデリケートなゾーンですから、丁寧かつ慎重に洗うことが大切です。

コツとしては、たくさん泡を立てて、指の腹を使って優しく洗っていきます。中でも大陰唇と小陰唇に関しては、溝などに恥垢などが溜まりやすいです。シャワーだけではきちんと洗い流せないこともあるので、しっかりと指などを使って綺麗にしましょう。最近では、デリケートゾーン専用の石鹸なども使われているので、一度試してみてはいかがでしょうか。ショーツ選びもできるだけ通気性が良いものを選び、汚れたらすぐに取り替えることを意識すると良いかもしれません。

消臭サプリ総合ランキング

最新の新着記事

TOP