【臭い玉】口臭の原因はあの塊かもしれない!?

FavoriteLoadingお気に入りに追加

さてみなさん、いきなりですが『臭い玉』と呼ばれる存在をご存知でしょうか?きっとどこで学ぶわけでもなく、ほとんどの人が聞いたことのある言葉だと思います。実は、この臭い玉こそ口臭の原因かもしれません。今回は、この臭い玉についてお話していきたいと思います。

臭い玉って一体なに?

臭い玉ってたまに聞きますけど、具体的に一体どういったものなのでしょうか。臭い玉は、口臭の原因になるものとしても知られています。みなさんの中で毎日歯磨きしているのに口臭がなくならないという人は、この臭い玉が原因となっているかもしれません。

臭い玉は、正式名称ではありません。正しくは、『膿栓』という乳白色をした塊です。何の塊なのかというと、白血球の死骸と細菌の塊です。歯周病菌とか大腸菌などいろんな細菌が、それはもう数億個と集まった塊が臭い玉なんですよ。臭そうですよね。そして臭い玉は、扁桃腺の隙間に付着していることが多いです。時間が経つほどにどんどん石灰化して硬くなっていきます。そして咳やくしゃみをした時にポロッと口から出てきたものが、みなさんもよく知るあの臭い玉というわけですね。

臭い玉ってどんなニオイ?

臭い玉って聞いたことはあっても、みなさんの中には実際に見たことがない、嗅いだことがないという人もいるのではないでしょうか。どんなニオイなのかというと、やはり人により感じ方は異なるようです。ただよく下水道のニオイとかニラやニンニクのニオイなんて言われることがあります。そしてこの臭い玉、潰してしまうとさらに強烈な悪臭を放ちます。

毎日歯磨きをしているにも関わらず、口臭がきつい場合はこの臭い玉が原因かもしれませんよ。間違っても潰さないように気をつけてくださいね。ただ臭いものほど嗅いでみたくなるというのが、人間の不思議なところ……。気になるという人は、チャレンジ精神で潰してみるのも良いですが、自己責任でお願いしますね。(笑)

臭い玉はどんな人にできるの?

基本的に臭い玉というのは、誰にでもできると言われています。最初の方にも書きましたが、膿栓は白血球の死骸や細菌が集まった塊です。白血球や細菌などは、誰にでもあるものですよね。ただそれでも人によっては、臭い玉が出来づらい人もいます。反対に出来やすい人もいるわけですが。じゃあ臭い玉ができているかもしれないということは、どのように判断すれば良いのでしょうか。

例えば、喉の奥に何かつっかえているような違和感を覚える場合、臭い玉がある可能性が高いです。一度口を開けて鏡で口内をチェックしてみましょう。口内に乳白色の物が見える場合、それが臭い玉(膿栓)です。他にも、歯磨き後でも口臭がきついという場合は、臭い玉ができている可能性があります。

臭い玉はなぜできるの?

原因として、まず扁桃腺に『腺窩陰窩』という小さな穴があることが挙げられます。この穴に白血球の死骸や細菌がどんどん溜まってしまうのです。ただこの腺窩と陰窩は、常に免疫物質を出していて、付着する細菌から喉などを守ってくれます。逆に言えば、この免疫機能がしっかりと働いているからこそ臭い玉ができるということです。ですから、喉の奥に乳白色の物が見えたとしても病気の心配はありません。

臭い玉を取るにはどうすればいい?

臭い玉は、咳やくしゃみをした際に自然と取れる場合があります。それでもいち早く取り除きたいという人は、水圧で取るようにしましょう。口内洗浄ができる専用アイテムがあります。ノズルの先を上手く臭い玉に向けて水で洗い流しましょう。

他にも綿棒やピンセットで取ることもできますが、扁桃腺を傷つけてしまう可能性があります。安全性を考慮するなら、やはり水圧で取り除くのが一番良い方法です。

また自分では上手く取れないという人は、耳鼻咽喉科に行けば対応してくれます。洗浄もしくは吸引によって、取り除いてくれるはずです。ただこの場合、治療費が必要になります。とはいえ、保険診療によって3割負担なので100円程度で済むとか。ただその他にもお金がかかりますし、臭い玉は何度もできるものですから、自分で取ったほうが何かと良いでしょう。

臭い玉の事前対策はあるの?

あらかじめ臭い玉ができないように予防する方法はあるのでしょうか。誰でも気軽にできる予防策としては、お風呂に入った際にシャワーを口の中に当てるという方法。口の奥に水が当たることによって、臭い玉が発生するのを予防してくれます。

ほかにも鼻うがいも効果的とか。鼻うがいは、ホコリやウイルスを除去するには効果的です。鼻うがいによって臭い玉が取れることもあります。また定期的にうがいをすることで、臭い玉の原因に成り得る食べカスやほこりも洗い流すことができます。

あとは、扁桃腺を切除してしまうという方法があります。扁桃腺を切除してしまえば、膿栓はほとんどできなくなるようです。ただ切除となるとそれ相応のリスクもありますので、よっぽどでない限りは、上記のような方法で予防するのが良いでしょう。

消臭サプリ総合ランキング

最新の新着記事

TOP