『臭い』と『匂い』の違い、知ってる?

FavoriteLoadingお気に入りに追加

みなさんは普段、生活する中でいろんな『におい』を感じることがあると思います。料理のにおい、タバコのにおい、シャンプーのにおい、おならのにおい……。そして、これら『におい』には、大きく『臭い』と『匂い』という2つの表現の仕方があります。みなさんは、この『臭い』と『匂い』の違いについてご存知ですか?今回は、この2つの言葉の違いについてお話していきたいと思います。

臭い?匂い?どう使い分けるの?

私たち日本人は、日常の中でひらがなやカタカナ、そして漢字を使い分けて文字を書きますよね。『におい』という言葉には、『臭い』と『匂い』という2つの漢字の書き方があります。意味合いとしては、どちらも『香り』に関係のあることには違いありません。しかし、それぞれ異なる使われ方がされています。

まず『におい』には、大きくわけて2つのタイプがありますよね。それは、『良いにおい』か『悪いにおい』ということです。実際に文字を見た時の感じ方というのも異なりますよね。『臭い』と書けばどこか嫌な感じを受けますし、『匂い』と書けばどこか良い感じを受けます。

不快なにおいは『臭い』、快いにおいには『匂い』

『におい』という意味を表す2つの漢字。それぞれ、非常に単純明快な違いを持っていました。見出しにもあるように、不快なにおいは『臭い』、そして快いにおいは『匂い』という漢字を用いるそうです。

例えば……

・お母さんが作った料理の匂い
・タバコの臭いが服についた
・隣の女の子のシャンプーの匂い
・お父さんの足の臭い


何となく漢字の使い分け方がわかってきたと思います。実は、みなさんも無意識のうちに使い分けしているのではないでしょうか?知らず知らずのうちにそれぞれの漢字にイメージが出来上がっているのかもしれません。ただ場合によっては、『ニオイ』といったようにカタカナ表記にすることもあるようです。

カタカナの『ニオイ』にも意味がある?

『臭い』と『匂い』には、それぞれ違いがあり使い分けがされていることがわかりましたね。では、『ニオイ』というカタカナ表記には、何か意味があるのでしょうか?これもまたよく見かける表現方法ですよね。実は、このカタカナ表記にも意味合いがあるようですよ。

それは、生理的なことよりも、におい成分を強調したい場合に用いるようです。つまり『ニオイ』という書き方には、『不快なにおい』『快いにおい』という違いはなく、強調するための一種の表現方法というわけですね。ただあまり良いイメージはしない気がします……。

香りという言葉との使い分けは?

『におい』を感じさせる言葉には、『臭い』や『匂い』、『ニオイ』の他にも『香り』という言葉がありますよね。この『香』という漢字は、快感を覚えるようなにおいに用いることが多いようです。ラベンダーのようなリラックスできる香り、グレープフルーツのようなリフレッシュできる香りなどがそうですね。

先ほどの『臭い』と『匂い』を別の言い方で言うと、『臭い=臭気』、『匂い=香気』となります。ですから『匂いと香り』は、同じような意味合いで使われるようです。

悪臭という漢字から受ける印象

みなさんは、『悪臭』という漢字を見てどういった印象を受けますか?おそらくほとんどの人は、非常に不快なにおいをイメージしたのではないでしょうか。まさに『悪臭』という言葉は、そういう心理的な不快感を覚えさせるニオイのことを指します。眉間にシワがよるような、思わずウッとなってしまうようなにおいのことを指すのだと思います。ちなみに悪臭は、あるにおいを嗅いだ人の70%もしくは2/3以上が不快に感じたにおいのことを指すようです。

においのまとめ


・良いにおいは『匂い』
・嫌なにおいは『臭い』


ただ人によってにおいに対する感じ方は異なります。あるにおいに対して、良い匂いと感じる人もいれば嫌な臭いと感じる人もいるというわけですね。

消臭サプリ総合ランキング

最新の新着記事

TOP