千年の恋も冷める!?口臭原因の病気を治そう

FavoriteLoadingお気に入りに追加

口臭というのは、とても小さいことのように見えますが、実際に悩んでいる人からすればとても大きな問題ですよね。
「人と話をする時は、相手の目を見て話しなさい」なんて言われることがあります。
しかし口臭がきついとそれさえ難しくなってしまいます。
ちょっとうつむきがちになってしまったり、よそ見をしながら話してしまったり……。
中には、自分の口を手で覆いながら話をする人だっているでしょう。
場合によっては、相手に失礼なこともありますので難しい問題です。
ただ口臭さえきつくなければ、すべて解決する話なのですが……。

あなたがどれだけ優しくておもしろい性格で、魅力的なルックスを持っていたとしても口臭がきつければ、あなたに惚れていた人は、千年の恋も冷めてしまうでしょう。

そうならないようにするためには、口臭の原因を知り、そしてその原因を解消していかなくてはなりません。

口臭原因の病気を治そう

マスクをしているドクター
口臭の原因としては、別記事でもお話してきましたが、胃の病気によって発生することがあります。
しかしそれだけではなく、やはり歯の病気なども関係してくるのです。

口臭をなんとかしたい!
そう思った時は、まず口臭の原因となっている病気があるかないかを考えることが大切です。

そして病気が原因だった場合、生活習慣を改善するだけでは口臭を消せないこともあります。
場合によっては、専門医の相談や治療が必要となってくるでしょう。

では、歯の病気としては、どういったものが挙げられるのでしょうか。

歯の病気がないかチェックしよう

口臭の原因として、よく挙げられるのが歯の病気です。
病気の中でも、わりと身近な存在なのが「虫歯」ではないでしょうか。
小さい頃から、何度か虫歯治療を受けたことがあるという人もいると思います。
その虫歯が口臭の原因になることもあるのです。
虫歯だけでなく歯石や歯周病といった歯の病気も口臭を発生させます。

歯石は、歯についた歯垢が石灰化して固まったものです。
毎日きちんと歯磨きをしていても、少しずつ歯石は増えてしまいます。
また歯石には、新しい歯垢が付着しやすい特徴があります。
その結果、歯周病を引き起こすことにもなるのです。

今、話に出てきた虫歯や歯周病、歯石といったものがある人は、治療しましょう。
治療することで、口臭を改善することができるかもしれません。

歯の病気以外にもさまざまな原因がある

歯の病気以外には、糖尿病、蓄膿症、慢性鼻炎といった病気・症状も口臭の原因になることがあるようです。
これだけなら良いのですが、他にも気管支炎、肺がん、咽喉頭がん、慢性扁桃腺炎、肝硬変なども挙げられます。

これに別記事で紹介した胃の病気(胃炎、胃がん、胃潰瘍、食道狭窄など)も加えるとさまざまな病気から口臭を引き起こしていることがわかります。

今お話したような病気は、定期的な健康診断や人間ドックによって見つけることができます。

口臭というのは、人によって大きな悩み・問題だと思います。
しかしその根本原因を探ってみると、もっと大きな問題に発展してしまうことがあるというわけです。

だからこそ、定期的な健康診断や人間ドックは、とても大切というわけですね。

病気が原因ではなかったら?

しかし、病気が原因でなかった場合は、大体生活習慣の改善などで口臭を消すことが可能です。

食生活や睡眠を改善するだけでも違ってくることがあります。
また日々の歯磨きなどには、一層気を使うようにしましょう。
舌についている白いノリのようなものを舌苔と言います。
これが口臭の原因になることもあるので定期的に取り除くことが大切です。
しかしゴシゴシと歯ブラシで磨くと舌を傷つけてしまうこともあります。
専用の舌苔を取り除くケアグッズを使うか、口内天井部分を使ってこすり洗うと良いです。

消臭サプリ総合ランキング

最新の新着記事

TOP